お問い合わせ TRETTIO ブログ instagram facebook
ゼロエネルギー住宅の事ならマツムラハウスへ
会社概要 家づくりの流れ 住宅性能 ゼロエネルギー住宅 施工事例 お客様の声 資金計画 ブログ

home > ゼロエネルギー住宅

ゼロエネルギー住宅


マツムラハウスのゼロエネルギー住宅

ゼロエネルギー住宅とは、「住まいの断熱性・省エネ性能を上げる」こと、そして「太陽光発電などでエネルギーを創ること」により、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気といった家庭用エネルギーを熱量換算した値)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

ゼロエネルギー住宅は、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とも呼ばれ、近年注目が集まっています。
政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。

ZEH -ゼッチ-

ZEH達成のための方程式
断熱・省エネ・創エネのイメージ写真

断熱

断熱性能を上げることで
エネルギーロスを少なくする

省エネ

消費電力の少ない設備を導入し
電力量を減らす

創エネ

消費量よりも多くのエネルギーを
太陽光発電で発電する

マツムラハウスの年度毎ZEH受託率

ZEHロゴ

2016年度 ・ ・ ・ ・ ・ 10%

2017年度 ・ ・ ・ ・ ・ 20%

2018年度 ・ ・ ・ ・ ・ 30%

2019年度 ・ ・ ・ ・ ・ 40%

2020年度 ・ ・ ・ ・ ・ 50%

上記のように2016年のZEH元年から始まり、
2020年にはZEH受託率50%以上を目指します。


「夏涼しく、冬暖かく、自然光で明るい」を目指す住宅。

自然の涼しさ、暖かさを積極的に取り入れる設計を施すことで、冷暖房のエネルギーを削減します。

パッシブデザイン
+

「太陽光発電」等の創エネ設備の導入

日々の生活で使うエネルギーを自宅で発電します。

太陽光発電

太陽光発電システム


優れた断熱性を発揮する

高性能ウレタン断熱材

断熱性は、断熱材の性能と厚さで決まります。ヒートコアパネルで使用している硬質ウレタンフォームの熱伝導率はΛ=0.026(断熱材区分E)の高い断熱性能を保持。ヒートコアパネルの100mm厚は、グラスウール(16kg)の173mm厚に相当し、柱の厚みを最大限活用できる魅力があります。

ヒートコア壁パネル

遮熱効果を高める

低放射クロスアルミライナーシート

パネル表面の低放射クロスアルミライナーシートは、夏場高温になる野地板からの輻射熱伝達を約80%カット。さらに小屋裏の換気量を増やし小屋裏空気温度を下げることで、遮熱効果を高めることができます。

輻射熱伝達約80%カットは、弊社商品試験センターにてJIS A1423(赤外線放射温度計による放射率の簡易測定方法)に準ずる測定結果による。

低放射クロスアルミライナーシート

熱橋を防止する

梁上外断熱タイプ

小屋パネルにおいては、熱を伝えやすい梁部分の影響を抑える梁上外断熱によって熱橋を防止。熱貫流率UA値アップを実現しています。

梁上外断熱タイプ

マツムラハウスは全棟SW工法をおすすめしています。

SW工法について詳しくはこちら

O様邸 平成30年6月施工

N様邸

床面積:125.86m²
間取り:3LDK

オール電化
太陽光発電システム搭載6.00KW

住宅性能値:
Q値1.62 UA値0.43
C値0.42 ηAC値1.5

長期優良住宅
耐震等級3
ゼロエネルギー住宅

年間光熱費のグラフ

N様邸

N様邸

床面積:132m²
間取り:4LDK

オール電化
太陽光発電システム搭載6.0KW

住宅性能値:
Q値1.89 C値0.23 μ値1.7

H様邸 平成25年11月施工

N様邸

床面積:129.18m²
間取り:4LDK

24時間計画換気システム
太陽光発電システム搭載6.0KW

住宅性能値:
Q値2.1 C値0.5 μ値0.049

M様邸 平成26年8月施工

N様邸

床面積:116.14m²
間取り:4SLDK

24時間計画換気システム
太陽光発電システム搭載4.80KW

住宅性能値:
Q値2.17 C値0.21 μ値0.047

M様邸 平成25年7月施工

N様邸

建物本体価格:約¥2,200万円

(地盤補強工事、外構工事、その他付帯工事は別途です)

床面積:107.65m²
間取り:4LDK

スーパーウォール工法
24時間計画換気システム
太陽光発電システム搭載 4.66KW
オール電化

住宅性能値:
Q値2.3 C値0.29 μ値0.051



お問い合わせ・資料請求